水漏れに対処するための基本

水漏れに対処するための基本 水道の蛇口や給湯器、トイレなどから水漏れが生じてしまうと、誰でも慌ててしまうのではないでしょうか。慌てているときの心の状態に普段の冷静さがなくなってしまう人も少なくありません。プロの業者に依頼するべきかどうか、どの業者に依頼するべきかという点を含め、正確な判断ができないことが大きな問題となります。ここでは、水漏れという非常事態に対処するための基本的な心構えについて説明させていただきます。水道業者に修理を依頼する前に、必ず確認しておくようにしましょう。

■慌てずに水道の元栓か設備の止水栓を閉めましょう

まず、水漏れを起こしている箇所がどこであっても、心を落ち着かせて元栓か止水栓を閉めて、水が漏れない状態にすることが重要です。
応急処置でも水の漏れを止めることができれば、冷静になにをしていけばいいかの判断ができるようになります。止水栓は、それぞれの水道設備の給水箇所に設けられていることがほとんどです。場所が見つからないときは、一度水道の元栓を閉めて住宅全体の給水を一時的にすべて止めてしまうことが確実です。
水の漏れを止めることに成功したら、周囲の掃除などをしつつ、水が漏れている正確な場所を特定するようにしてください。水が漏れている箇所が正確に分かれば、プロの水道業者にどこからどういう状況で水が漏れているか、という点を落ち着いて説明できるようになります。業者に正確に情報を伝えるためにも慌てずに、なによりも先に水の漏れを止めることに集中するようにしましょう。

■集合住宅の水漏れの注意点
集合住宅で水漏れが生じた場合は、階下の住民に被害が及ばないようにするため、急いで行動することが重要です。階下の住民の天井や家財道具などに損害が及んでしまうと、損害額の弁償を請求されるだけでなく、トラブルによって今住んでいる場所に住み続けることが難しくなることもあります。落ち着いて判断できない場合もありますが、できるだけ階下の住民への被害についても想定しながら行動するのがベストだといえます。
なお、給湯器からの水漏れの場合については、階下の住民への被害がないと考えられる場合でも、ガス漏れや電気火災に気をつけなければなりません。給湯器は、電気とガスと水道のすべてを利用している設備になりますので、状況に応じて電気のブレーカーを落とすようにしましょう。

■自分で直すかプロに依頼するかの判断基準

水漏れの修理は、一見、簡単に見えても、思っている以上に技術が必要な作業です。プロではない素人の修理では、必ず水が止まるという保証はなく、場合によっては、症状を悪化させてしまうこともあります。これなら絶対に自分でできる、という自信がない場合は、思いがけない損失を避けるためにも、一度、プロの水道業者に相談してみることをおすすめします。なお、水道業者に水漏れの相談をする場合は、事前に修理費用の相場を確認しておくことが重要です。業者ごとに見積もり額が大きく異なっていることがありますので、相見積もりをしている、と伝えることが安く修理を依頼できるための大きなポイントになるからです。

■まとめ
水道の水漏れが発生した場合は、なによりも落ち着いて行動することが重要です。落ち着いて行動するためには、一刻も早く蛇口や配管からの水の漏れを止めることが重要です。水の漏れを止めるためには、水道の元栓や止水栓を閉める必要があります。どうしても見つからない場合は、近所の詳しそうな人、賃貸住宅の場合は管理会社に相談してみることをおすすめします。
まずは、自分が冷静さを取り戻し、適切な価格の相場を把握しておけば、業者に修理を依頼して失敗することはなくなります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース