コンテンツ

床からの水漏れの原因と対処法

住宅の床から突然に水漏れが発生することがありますが、多くのケースでは長期間にわたり水が漏れ続け、一定期間の経過後に目に見える形として現れたものです。床からの水の漏れを発見したとしても、実際に水が漏れ始めたのは数ヶ月前から1年前といった事例も珍しくありません。
床下からの水漏れはただちに大きな損害を及ぼすものではありませんが、長期間にわたり放置することで住宅の土台を腐食させてしまう恐れもあり、なるべく早めに対処しておくと安心ではないでしょうか。

■原因を突き止めることが困難

素人が床下からの水漏れの原因を特定することは困難ですが、一般的には排水管からの漏水や水道の蛇口からの漏水が原因であることが多くなります。排水管からの漏水というのは、洗濯機や浴室の水を排出した先にあるパイプの損傷によるものです。配水管の漏水は住宅に影響がない限りは、そのまま放置すると考える人もいますが、床下から水が出ている場合はできるだけ早めにプロに相談する方が良いでしょう。
また、水道の蛇口の下部から長期間にわたり水が漏れ続け、その結果として床が水浸しになるという事例もあります。蛇口からの水漏れの場合は目視で確認できますので、心当たりがある場合は確認しましょう。

■まずは被害拡大の防止策を

床が水漏れで濡れている状況は、フローリングなどの木材が腐食する事態につながる恐れがあります。できるだけ早めに対処して水漏れを止めるようにすれば、漏水の修理代だけですみますが、時間が経過してしまうとフローリングの全面交換が必要になってしまう可能性もあります。
また、アパートやマンションのような集合住宅の場合は、水漏れが階下の住民に影響を及ぼす危険性があります。階下の天井や壁に損傷が及んでしまうと、自分の部屋の修理代に加えて、階下の住居の修理までしなければならなくなります。賃貸住宅に住んでいる場合はただちに仲介会社に連絡し、自己所有の物件の場合は、すぐにでも水道業者に点検してもらうことが重要になります。

■まとめ
床下からの水のトラブルは、なんでこんなところから水がと思うかもしれませんが、状況が悪化しないうちに早めに対処しなければならないケースが多くあります。水道業者への相談や依頼に不安を感じるかもしれませんが、依頼するかどうかは見積もりを見てから決められます。少しぐらいの水漏れだからといって放置せず、できるだけ早めにプロの業者に相談し状況把握のための点検をしてもらってください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ