コンテンツ

蛇口からの水漏れの原因と対策

水道の蛇口は、10年くらいするとトラブルが生じて交換する場合が多いですが、10年経たないうちに水の漏れが発生し、修理や取りかえが必要になることもあります。水の漏れが少ない場合でも、やはり気になってしまいますし、修理せずにずっと使い続けていると水道料金の高騰につながることがあります。
水漏れの修理は、対応が早ければ早いほど修理代を抑えることがきますので、できるだけ迅速に対処してもらうと良いでしょう。

■水の漏れの大半はシール部材の交換で直る

一般的な水道蛇口からの水漏れは、内側のシール部材と呼ばれるパーツが古くなって起こっています。
水道のシール部材は、ラバーでできているパーツですので、使用する年月が長くなるほどラバーが硬くなり、水をとどめておく機能が果たせなくなってくるからです。水道のラバーシール部材の交換は、プロの水道屋さんに依頼したとしても、1日で作業が完了することがほとんどです。ただし、作業を依頼した当日中に訪問して対応してくれるかどうかは、依頼する水道屋さんの混雑状況によるので、即日で対応してくれるところを探すようにしましょう。
水道の蛇口の内側には、シール部材以外にも消耗パーツが使われています。シール部材以外のパーツの劣化で水の漏れが発生していることもありますので、できれば内部のパーツのすべてを新しくしてしまうのがおすすめです。

■シール部材以外のパーツも同時交換がおすすめ

水道の蛇口には、シール部材以外にも座金、スピンドル、コマ等のパーツが使用されています。シール部材または、三角シール部材の劣化で水の漏れが生じてしまうことがほとんどですが、スピンドルやコマが摩耗しているケースも珍しくありません。
水道屋さんに依頼するかどうかにかかわらず、シール部材だけでなく、それ以外の消耗するパーツも取り換えておく方が安心でしょう。
なお、DIYで蛇口 交換や水漏れを直すには、ウォーターポンププライヤー、モンキーレンチ、ドライバーなどの専用工具を使うほか、作業する手順についても理解しておく必要があります。頻繁に住宅や自動車の修理をしている場合は別ですが、そうでない場合は、工具購入にかかる費用についても検討するようにしましょう。

■まとめ
水道の蛇口から水が漏れ出すと、原因が分からず不安になったり、費用について心配してしまうものです。対策として考えられるのは、プロの専門水道屋さんへの水漏れ修理の依頼、あるいは、DIYによる修理の2つです。
完璧に修理するために専門水道屋さんに依頼する方がほとんどですが、自分で修理をする場合は、蛇口以外の部分への損傷を避けるためにも慎重に作業を進めるようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ